嚥下機能が低下した方はご使用をお控えください

フリーダイヤル0120-357-770

9:00~17:00 (土・日、祝日、弊社休業日を除く)

電話をかける

フリーダイヤル

0120-357-770

9:00~17:00 (土・日、祝日、弊社休業日を除く)

インターネットでの
ご注文はこちら

オンライン
ショップ

メニュー

冷凍介護食の魅力とは。冷凍だからこそできること

 

冷凍介護食の魅力とは。冷凍だからこそできること

 

あいーとは、全て冷凍の状態でお届けする冷凍食品タイプの介護食です。

舌で簡単にくずすことができるものの、素材そのままの形を維持しているあいーとは、冷凍食品だからこそ実現することができた介護食でもあるのです。

今回は、あいーとが冷凍食品である理由や冷凍食品ならではのメリットについてご紹介します。

 

 

あいーとの介護食が冷凍食品である理由?

 

介護食には、あいーとのように冷凍食品のもの以外に、冷蔵で販売されているもの、レトルトパウチに詰めた状態で販売されているものなどがあります。

あいーとは、なぜ冷凍食品の形で介護食を提供しているのでしょうか。

 

 

冷凍食品だからこそ、介護食が必要な時に手軽に


冷凍食品は、家庭の冷凍庫で保存することで冷蔵の食品よりも長い間、良い品質を保ったまま保存することができる食品です。

そのため、介護食を作る時間がないときやいつもとは違う特別なメニューを出してあげたいときなど、一般の冷凍食品と同じように必要なときに必要な分だけ、温めるだけで手軽に介護食を準備することができます。

 

 

冷凍だからこそ、見た目にも美しい介護食を実現


食材の形をそのまま活かした介護食であることが、あいーとの特徴でもあります。あいーとの介護食は見た目には通常の食事と変わらないものでありながら、口の中に入れると歯でかまなくても、舌で簡単につぶせるやわらかさに仕上げてあります。食材の形が崩れる直前のぎりぎりのやわらかさにこだわっているため、冷蔵の状態では輸送する間に形が崩れてしまう可能性があります。

あいーとは冷凍食品だからこそ、野菜や魚、肉などの食材の形をそのままに、盛り付けどおりの美しさを保ったままご家庭までお届けすることができるのです。

 

 

冷凍の介護食のメリット

 

冷凍介護食の魅力とは。冷凍だからこそできること2

 

冷凍の介護食には、ほかにもさまざまなメリットがあります。ここでは、冷凍食品だからこその主なメリットを2つご紹介します。

 

 

急速冷凍で出来立ての美味しさを維持


冷凍食品に用いられている急速冷凍の技術は、出来立ての美味しさをそのまま閉じ込めることが可能です。また、製造の段階から輸送、家庭での保管まで-18℃以下の温度を保つことで、冷凍食品は栄養素が途中で失われることも少なく、長期間維持されることが分かっています。

そのため、冷凍食品は温めるだけで、作り立てのような、栄養もそのままの美味しい食事を楽しむことができるのです。

 

 

冷凍だから衛生的かつ保存料も最小限でOK


冷凍食品は-18℃以下の状態で保存されているため、食中毒の原因ともなる菌やウィルスが繁殖しにくい環境です。また、作り立ての状態からすぐに冷凍するために、食品が腐敗することもなく、非常に衛生的な状態を保つことができます。

そのため、腐敗や菌の繁殖を防ぐための保存料を使用する必要がありません。中には保存料を使用している場合もありますが、ほとんどの場合、保存料の使用は必要最低限に抑えられています。

 

 

食べることが楽しみになる冷凍の介護食

 

あいーとは冷凍食品であるからこそ、食べることが楽しみとなるようなこだわりの介護食を提供することができています。

 

 

レトルトの介護食と冷凍の介護食の違い


冷凍の介護食と同様に、長期間保存ができる介護食にレトルトタイプのものがあります。レトルトタイプの介護食は、食材をやわらかく煮込み、かむ力や飲み込む力が弱くなった方でも安心して食べられるように工夫がされています。食べる方が美味しさを感じられるように、味付けにもこだわったものも多く販売されています。

しかし、レトルトタイプの介護食は、食材の形や色が残っていないことがあります。

一方、あいーとは冷凍食品だからこそ素材の色や形をそのままに、一見して通常の食事のような、美味しそうな介護食となっています。

 

 

あいーとのこだわり


かむ力や飲み込む力が弱まると、食べられる食材やメニューも限られてしまいます。また、細かく刻まれた食事やミキサーで撹拌された食事では見た目が通常の食事とは異なるため、食べることに対する意欲が低下してしまうことがあります。食べる量が減ってしまうと、体を維持するための栄養が不足する低栄養の状態に陥ってしまいます。

加えて、やわらかさを重視した食事は長時間煮込むことで、熱に弱い栄養素が減少している場合があります。また、水分を加えて煮込んだり、ミキサーにかけたりした食事は水分量が増えた分、食べる量を増やさないと必要な栄養を摂取することができません。

あいーとはこれらの問題を解決するために、食欲を刺激するような、目にも美味しい介護食を実現しました。さらに、独自技術を活用して、必要以上の水分を加えずに十分なやわらかさを実現したことで、高い栄養価を維持することにも成功しています。

 

 

まとめ

 

冷凍食品は、急速冷凍を行うことで作り立ての美味しさや素材の持つ栄養素を長期に渡って維持することができる食品です。また、家庭の冷凍庫で保管することができるため、必要な時に必要な分だけ手軽に利用することができます。

あいーとは、やわらかさと美味しそうな見た目の両立を実現し、低栄養の予防にも配慮した冷凍食品タイプの介護食となっています。

 


[あいーと]からのおすすめ

 

初回向け人気おすすめ12品セット+2品プレセント

嚥下機能が低下した方はご使用をお控えください

フリーダイヤル0120-357-770

9:00~17:00 (土・日、祝日、弊社休業日を除く)

電話をかける

フリーダイヤル

0120-357-770

9:00~17:00 (土・日、祝日、弊社休業日を除く)

インターネットでの
ご注文はこちら

オンライン
ショップ

オンラインショップヘ

このページの先頭へ戻る