嚥下機能が低下した方はご使用をお控えください

フリーダイヤル0120-357-770

9:00~17:00 (土・日、祝日、弊社休業日を除く)

電話をかける

フリーダイヤル

0120-357-770

9:00~17:00 (土・日、祝日、弊社休業日を除く)

インターネットでの
ご注文はこちら

オンライン
ショップ

メニュー

市販の高齢者向け介護食や介護食弁当には、どんなメリットがあるの?

 

市販の高齢者向け介護食や介護食弁当には、どんなメリットがあるの?

 

 

介護食を作る際には、高齢者が食べやすく、飲み込みやすいように調理に手間と時間をかけ、誤嚥を起こすことのないように注意しながら作らなければなりません。

毎食、細心の注意を払いながら介護食を準備することは、容易ではありません。

そんな時に便利なのが、市販されている高齢者向けの介護食や介護食弁当です。

これらには、高齢者にとっても、介護をする人にとってもさまざまなメリットがあります。

市販の介護食や介護食弁当を利用するメリットと上手な利用方法についてご紹介します。

 

市販の介護食や介護食弁当を利用するメリット

 

豊富なメニューで、食欲を刺激


市販されている介護食や介護食弁当には、さまざまな食材が使われており、和風なものから洋風なものまでメニューも豊富にそろっています。

加齢により噛む力や飲み込む力が弱くなると、食べやすい食材と食べにくい食材が出てきます。

食べやすく飲み込みやすいことを優先に考えると、どうしても作る料理の幅が狭くなってしまい、メニューがマンネリ化してしまいがちです。

また、食べやすく細かく刻んだり、ミキサーにかけたりした食事は、食材の形が残りにくいため、高齢者の食欲がわいてこないことも少なくありません。

市販の介護食や介護食弁当には、レトルトタイプ、チルドタイプ、冷凍タイプのものがあります。

これらの市販の介護食や介護食弁当のなかには、食べやすく工夫されているものの、見た目は普通の食事と変わらないようなものもあります。

いつもとは違うメニューで、食材の形がしっかり残った介護食は見た目にもおいしそうで、食欲を刺激する効果があります。

 

 

介護する人の手間を軽減


 

介護食を作るには、やわらかく煮込んだり、飲み込みやすいようにとろみをつけたりと、手間も時間もかかります。

市販の介護食や介護食弁当は、介護をする人の手間や負担を軽減するメリットもあります。

忙しいときや疲れているときなど、介護食を準備する時間がとれないときもあるでしょう。

そんなときに、市販の介護食や介護食弁当を用意しておけば、電子レンジなどで温めるだけ介護用の食事を準備することができます。

介護食作りは、一時的なものではなく、毎日続いていくものです。

市販の介護食や介護食弁当を上手に利用することができれば、介護をする人の心の負担も少し軽くすることができるのではないでしょうか。

 

 

 

市販の介護食のメリットと上手な利用法

 

介護食を利用するメリット


市販されている単品タイプの介護食には、調理済みのおかずメニューのものが多く、一品だけ加えたいときや、いつもの食事に変化をつけて新鮮さを出したいときなどに手軽に利用することができます。

ビタミンやたんぱく質など特定の栄養素が不足していると感じるときに、市販の介護食を使って、手軽に食事の栄養バランスを整えることができます。

 

 

市販の介護食の上手な利用法


介護食を何品も作ることは、手間も時間もかかります。

しかし、使用する食材が偏っていたり、品数が少なかったりすると、必要な栄養素が補えない場合もあります。

特に、肉や魚、食物繊維の多い硬い野菜などは調理に時間がかかります。

市販の介護食を選ぶ際には、普段は調理が難しい食材やメニューを選ぶとよいでしょう。

また、毎食一品はおかずメニューの介護食を利用すると決めておけば、献立の考案や食事の準備の負担も減り、気持ちが楽になります。

 

 

介護食弁当のメリットと上手な利用法

 

介護食弁当のメリットと上手な利用法

 

介護食弁当を利用するメリット


介護食弁当は、容器ごと温めるだけで1食分の食事をすぐに用意して食べることができます。

特に、ごはんとおかずがセットになっている介護食弁当は、主食もおかずもそろっているため、何も調理をする必要がありません。

また、主食に主菜、副菜としっかり一食分の栄養バランスが考えられていることが多く、メニューの組み合わせを考える必要もありません。

さらに、介護食弁当には、調理器具や食器を洗うなど、片付けの手間も省くことができるといったメリットもあります。

 

 

介護食弁当の上手な利用法


食事の準備も片づけもする必要がないため、忙しくて食事を作る時間がないときや、疲れていて食事を作る気力がわかないときなどには、介護食弁当は非常に便利です。

また、毎週、介護食弁当を利用する曜日を決めて、定期的に使うのもおすすめです。

介護をする人にとっては、息抜きができる曜日であり、介護される人にとってはいつもと違うメニューを楽しめる日となります。

介護食弁当は、見た目や彩りにも工夫されたものが多いため、食欲が落ちているなと感じたときに利用してみるのも良いかもしれません。

 

 

まとめ

 

まとめ市販の高齢者向け介護食や介護食弁当には、どんなメリットがあるの?

 

市販されている高齢者向けの介護食や介護食弁当には、高齢者が食べやすいように工夫がされています。

また、食べやすさだけでなく、見た目や味付け、栄養バランスも考えられており、安心して利用することができます。

時間のないときや息抜きをしたいとき、家族みんなでゆったりと食卓を囲みたいときなどに市販の介護食や介護食弁当を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

[あいーと]からのおすすめ

 

初回向け人気おすすめ12品セット+2品プレセント

嚥下機能が低下した方はご使用をお控えください

フリーダイヤル0120-357-770

9:00~17:00 (土・日、祝日、弊社休業日を除く)

電話をかける

フリーダイヤル

0120-357-770

9:00~17:00 (土・日、祝日、弊社休業日を除く)

インターネットでの
ご注文はこちら

オンライン
ショップ

オンラインショップヘ

このページの先頭へ戻る