専任のスタッフが
購入時の不安や疑問に
お答えしています

フリーダイヤル0120-357-770

9:00~17:00 (土・日、祝日、弊社休業日を除く)

電話をかける

フリーダイヤル

0120-357-770

9:00~17:00 (土・日、祝日、弊社休業日を除く)

インターネットでの
ご注文はこちら

オンライン
ショップ

メニュー

12月の食材は「海老芋」

2017.12.01

京の伝統野菜「海老芋」。
縁起物としても有名です。

「海老芋」は、里芋の品種のひとつであり、京都を中心に関西地域で多く栽培され、「京芋」とも呼ばれています。旬は11月~1月頃で、おせちにも良く使われているようですが、関西地域以外では、「海老芋」はあまり知られていないかもしれませんね。

 

「海老芋」は、土寄せなどの独特の栽培方法によって湾曲し、表面には横縞があるため、エビのように見えることが、名前の由来なんだそうです。栽培にはとても手間がかかり、味が優れているので高級品として扱われています。

また、キメが細かく煮込んでも形が崩れないため、煮物やおでんなどにも良く使われています。この煮崩れを起こさないことを利用し、細工料理にも使用され、京都の料亭などでは、「海老芋」で海老やマツタケをかたどった料理が作られているそうです。

 

「海老芋」を育てるには、まず種となる芋を植えて栽培します。この種芋が「親いも」となり、親芋の周りに「子いも」ができ、その子いもからさらに「孫いも」ができていきます。このように親・子・孫と増え続けていくので、子孫繁栄の象徴として、縁起の良い食材だと言われています。

 

さて、今年も残り1ヶ月。

「海老芋」の美味しさを知っている方も、「海老芋」って何?という方も、新たな年の始まりに、縁起の良い食材「海老芋」を、ぜひこの機会に味わってみてはいかがでしょうか?

 


この食材を使った商品

専任のスタッフが
購入時の不安や疑問に
お答えしています

フリーダイヤル0120-357-770

9:00~17:00 (土・日、祝日、弊社休業日を除く)

電話をかける

フリーダイヤル

0120-357-770

9:00~17:00 (土・日、祝日、弊社休業日を除く)

インターネットでの
ご注文はこちら

オンライン
ショップ

ご注文はこちら

このページの先頭へ戻る