専任のスタッフが
購入時の不安や疑問に
お答えしています

フリーダイヤル0120-357-770

9:00~17:00 (土・日、祝日、弊社休業日を除く)

電話をかける

フリーダイヤル

0120-357-770

9:00~17:00 (土・日、祝日、弊社休業日を除く)

インターネットでの
ご注文はこちら

オンライン
ショップ

メニュー

「摂食回復支援食」のことをもっと知りたい

摂食回復支援食とは

通常の食事を摂ることが難しい方の「食べる機能」と「栄養摂取」をサポートするための食事として、わたしたちが初めて提唱した造語です。

食事は生活意欲やQOL(生活の質)を維持するために大切なこと。加齢や病気等によって通常の食事が摂れなくなった場合、医療の現場では、静脈栄養や経腸栄養によって栄養補給を行います。これら液体での栄養補給方法から通常の食事に戻るためには、キザミ食やミキサー食など段階的な形状を経ることが必要となります。

しかし、通常の食事の外観と乖離する食事の場合、精神的にも時間的にも課題を抱えることが少なくありません。そこで、この課題を考慮し、液体での栄養補給方法から無理なく通常の食事ができるように支援する食事を〈酵素均浸法〉という独自技術によって開発しました。

通常の食事を摂ることが難しい方の、“食べる機能”と“栄養摂取”を支援するための食事、これが「摂食回復支援食」なのです。

開発のきっかけ

口から食べることが難しい方、そのご家族のみなさまに、
食べることを通じて、笑顔になっていただきたい。

もともと私たちは経腸栄養のための栄養剤を研究・製造していました。医療機関への訪問を重ねていくうちに、さまざまな医師や患者さんと出会い、栄養補給には本当に経腸栄養剤だけでよいのだろうか、もっと口から食べられるものを作れないだろうか、という素朴な疑問にぶつかりました。

口から食べるということは人間本来の栄養補給方法であり、最も生理的で生活意欲やQOL(生活の質)の向上に寄与すると言われています。ただ、咀嚼力の低下やお身体の状態など、何らかの問題を抱えている方の食事は、刻んだりミキサーにかけたりする調理方法で提供されていることが多く、見た目に食欲が沸かない、量が摂れず栄養摂取が不足するなど、食事の満足感を十分に得られないケースが少なくありません。

食事は薬ではありません。もっと食事の時間が楽しめるように、もっと食事がおいしいと感じられるように、そして、もっと生きたいという意欲がわくようになっていただくために、どうすればよいのか…。まだ世になかった「見た目や味は普通の食事」なのに「ミキサー食並みの軟らかさ」の実現に向けてチャレンジしたのです。

「あいーと」に込めた想い

食べることに不安がある方が、食事をとることに対して
今よりも積極的になることをサポートしたい。

「あいーと」という名前は、もともと英語で「I eat(アイ イート)=私は食べる」というところからきています。能動的に自分から食べていただきたい、楽しく、おいしく食事をとっていただきたい、そういった想いから「あいーと」と名付けました。

食べられなかったものを食べられた喜びや、家族との食卓で見た目が同じ食事ができる嬉しさなど、わたしたちは多くの方々に楽しい食卓が広がることを願っています。

普段、刻んだりミキサーにかけたりする食事をとっている方や、
その調理の手間に悩んでいる方などに利用していただきたい。

「あいーと」の開発には、臨床栄養と緩和医療の第一人者である藤田保健衛生大学医学部外科・緩和医療学講座教授 東口髙志先生をはじめ、多くの医師・歯科医師・管理栄養士の先生方にご協力をいただきました。

食べることが困難になると低栄養に陥る場合があり、栄養が不足すると褥瘡にもなりやすくなる。単に軟らかくしている食事でも、べたつきや口の中でのまとまり具合などによって飲み込みが難しくなり、誤嚥などの場合は誤嚥性肺炎などの危険も高まる。栄養が摂れたとしても見た目や味がしっかりしていないと、本当に食べたいという気持ちにならず、食が細くなり食事をする意欲がわかなくなる。多くの医療現場の声やご指導を元に開発したのが「あいーと」なのです。

「あいーと」は、咀嚼力が低下した方、摂食機能が低下した方、栄養バランスや十分な栄養摂取に不安がある方、刻んだりミキサーにかけたりする食事に満足できない方や調理の手間に悩んでいる方などに利用していただきたい食品なのです。

開発秘話

難しかったのは、徹底的に軟らかさを追求しながら、
形や色、味、栄養価を損なわないこと。
さらにそれらをさまざまな食材に対応させる、ということでした。

一般的な調理法で食材を軟らかくする場合は、長時間熱を加えることによってビタミンが減少したり、水分を含ませることによって量が増加するので、必要な栄養を摂取しようと思うと、食べる量を増やす必要があります。しかし「あいーと」に用いられている独自技術なら、素材本来の栄養成分の減少を抑えることが可能なうえ、ミキサー食などに比べても必要以上の水分を含んでいないため、少量で栄養摂取することが可能です。

例えば「あいーとごはん」は、見た目は普通のご飯と同じですが、軟らかさは全粥と同程度。さらに、全粥に比べてエネルギーは約1.7倍なうえに、飲み込みにも配慮して粘りを抑えるように加工しています。

これからの「あいーと」

実は病院向けに開発をはじめましたが、
一般のお客さまからのラブコールで、通信販売も始めました。

実は「あいーと」はもともと病院様向けに販売するために開発したのですが、多くの方々から「自宅で利用したい」「おじいさん、おばあさんにぜひ食べさせたい」という声が寄せられたため、通信販売を始めることにしました。しかし、その矢先に東日本大震災が発生し、皆さまへのお届けを一時断念することもありました。それでも全国各地、多くの方々の応援や励ましに支えられ、ようやく今日があります。

ご利用者様からは「もっと早く知っていれば…」と言われることも多く、「あいーと」のことを知らずに、ミキサー食やキザミ食などの軟らかい食事のままで毎日悩んでいる方がまだたくさんいらっしゃるのも事実です。

わたしたちは、介護が必要とされている方だけでなく、病気などにより突然「あいーと」のような食事が必要となった方にも情報がスムーズに届くよう、情報発信の機会やチャネルを増やすとともに、より多くの有益な情報を提供することはもちろん、さらに研究や開発を重ねて、日本の食文化に挑戦し続けていきたいと考えています。

専任のスタッフが
購入時の不安や疑問に
お答えしています

フリーダイヤル0120-357-770

9:00~17:00 (土・日、祝日、弊社休業日を除く)

電話をかける

フリーダイヤル

0120-357-770

9:00~17:00 (土・日、祝日、弊社休業日を除く)

インターネットでの
ご注文はこちら

オンライン
ショップ

ご注文はこちら

このページの先頭へ戻る